産後の筋トレダイエット





産後の筋トレダイエットで太りにくい体質に!

妊娠している時には、激しい運動は勿論の事、
日常生活を送る上でも、ちょっと体を動かすこと自体が、かなり制限されてしまいますよね。

また、お腹がだんだんと大きくなりますので、
自然とお腹をかばうようになって動作が慎重になったり、動きがゆっくりになってしまいがちです。

そうこうしている内に、妊娠中から産後までの間において、
すっかり筋肉が衰えてしまったり、筋肉の量そのものが減ってしまいます。

筋肉の量が減ると、それに伴って基礎代謝も下がってしまいますから、
摂取したカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまうんです。

そこで、産後のダイエットには、
体に適度な筋肉を付ける筋トレダイエットがおすすめです。

筋トレダイエットは、産後の衰えてしまったり、減ってしまったりした筋肉を徐々に取り戻し、
余分な脂肪を消費させてシェイプアップする事が目的です。

あなたも無理な食事制限を行うよりも、
適度な筋トレダイエットで太りにくい体質に変えていき、
健康でスマートな体を取り戻しましょうね。






リバウンドと産後ダイエット中の変化

産後ダイエットだけでなく、全般的にダイエットをしている上でよく耳にする「リバウンド」という言葉があります。

リバウンドとはどういうことでしょうか?

筋トレダイエットの基礎知識として、ここでリバウンドについて理解しましょう。

まず、リバウンドの元々の意味は、球技においてボールが跳ね返ることを言います。

つまり、ダイエットのあとに、ダイエットして減った体重が元に戻る、またはそれ以上に増えてしまうことを言います。

一度リバウンドをしてしまうと、太りやすい身体になってしまう可能性がありますので、ダイエットをやめたあともリバウンドしないように細心の注意が必要です。

リバウンドがなぜ起こるかというと、人間には生体恒常性機能という機能があります。

つまり判りやすく言うと、人間の生命を維持するために、環境の変化に適応する能力のことを言います。

ダイエット中は、少ない食事でも生命が維持できるように、体自体が変化します。

ダイエットによって体が変化した状態で、ダイエット前の食事に戻すと、カロリーの過剰摂取となって急激に体重が増加し、リバウンドとなってしまうのです。







産後に行う筋トレダイエットを成功させる秘訣


産後に行う筋トレダイエットの基礎知識として、まずは「ダイエット」について理解しましょう。


筋トレダイエットを始める前に、そもそも「ダイエット」という言葉の意味はなんだと思いますか?


ダイエットと言うのは、基本的には健康や美容のために、食事の量や種類を制限することなんです。

ただ、食事だけに頼ってばかりいてはダイエットもつらいものとなり、ダイエットの途中で挫折しかねません。


しかし、ダイエットの方法も今ではたくさんの種類がありますよね。


産後に行う筋トレダイエットもその一つです。


筋トレダイエットの方法を深く理解し、自分に合った無理のないエクササイズで、長く続けることことが、産後のダイエットを成功させる秘訣と言えるのです。






断乳後に行う産後の筋トレダイエット

ママが赤ちゃんにあげる母乳というのは、カロリー量が高いものです。

おっぱいをあげている方は産後でも無理なく痩せれたという人も、
断乳を期にじわじわ太ってしまうという事も、実はよくあるケースなんです。

そこで、断乳後太りを防ぐために、適度な筋トレダイエットを実行して基礎代謝の高い体作りを目指しましょう。

この時期というのは、産後から少し経過していますので、
赤ちゃんをベビーカーに乗せて出歩くことも増えてくると思います。

まずは、赤ちゃんをベビーカーに座らせて歩く「ベビーカーウォーキング」という筋トレダイエットから始めてみましょう。

この筋トレダイエットは、ママの体の筋肉強化に効果があるだけでなく、赤ちゃんの生活リズムをつけるためにも役立ってくれます。

ママだけでなく、赤ちゃんも幸せになる筋トレダイエットのベビーカーウォーキング、産後の断乳後に是非ためしてみてください。






体重重視は産後のダイエットにタブー


産後でも、若いママや元々筋力のある人、基礎代謝が高い人の場合、
何もしなくても元の体重に戻る人も大勢いるようです。

しかし、産後に体重重視で安心してはタブーになりますよ。

なぜかって言うと、それは

体重が戻っても、体型が元に戻ってない事が多いからなんです。

産後の体重はお産前に戻っても、体型が元に戻らないという事は、
筋肉が衰えたままという証拠でもあり、体のあちこちの部分がたるんでしまっている状態なのです。

そこで、産後に体重が元に戻ったとしても、
簡単な筋トレダイエットを続ける事をおすすめします。

筋トレダイエットによって、産後に増えた体脂肪を効果的に減らす事が出来ます。

また、引き締まったボディライン維持するには、
筋トレダイエットが一番確実なんです。

メリハリあるボディラインを維持し、内蔵脂肪を減らすためにも、
体重だけで安心せずに、筋トレダイエットを行いましょう。






産後の筋トレダイエット:骨盤を固定するリフォーム下着の巻き方のポイント


産後の体の状態というのは、一時的に骨盤が開いた状態になっています。

骨盤が開いたままですと、開いた骨盤の中に胃や腸が潜り込んでしまい、
お尻が大きくなってしまったり、お腹の下の部分のお肉がぽっこり出てしまう恐れがあるんです。

そこで、その骨盤を閉める役割と、
産後に弱くなった腹筋や背筋の筋トレダイエットの役割も果たす、
リフォーム下着を使用するようにしましょう。

リフォーム下着は、お腹にぜい肉が付くのを防ぐためだけだと思っている方が多いかとおもいますが、
骨盤の修正や筋トレダイエットにも大きな効果をもたらせてくれます。

骨盤を固定する為のリフォーム下着の巻き方のポイントは、
ウエストではなく、下腹に巻く事がポイントです。

そうすることで、自然に腹筋と背筋が鍛えられますから、
それだけでも結構な筋トレダイエットとなりますよ。






産後2ヶ月目からの背中の筋トレダイエット(やり方編)


背中の部分の脂肪は、あまり気にする方は多くないのですが、
背中の脂肪を取り除くことで、全体的にスマートに見せる事が出来ます。

そこで、産後2ヶ月ぐらいから出来る、
背中をシェイプアップする筋トレダイエットを是非試してみて下さい。

■ 背中の筋トレダイエット (エクササイズその1)
まず床に座り、両足を前にだします。(体育座り)
後に腕を回して、左右の指を組み合わせて下さい。
肩の力を抜いて、腕をゆっくり持ち上げるようにします。
これを4回繰り返せば終了です。

■ 背中の筋トレダイエット (エクササイズその2)
まずうつ伏せに寝て、顔を横に向けます。
片足を背中側にまげて、その足のつま先を両手で持ちます。
足を手で引っ張るようにして胸をそらせ、一緒に顔ものけぞらせましょう。
8秒たったら、元の位置にゆっくり戻します。
このエクササイズを両足4回ずつ行えば終了です。

いかがですか?
簡単でしょう。






産後2ヶ月目からの背中の筋トレダイエット


背中は、自分では見えない部分なだけに、
脂肪がついても気づかない場合が多いですよね。

しかし、産後は急激に胸の大きさが成長しますので、
それにともなって背中にも脂肪が付きやすくなってしまいます。

お腹の肉は自分でも目に付きやすいため、
お腹を引き締める筋トレダイエットを実施している方も多いと思いますが、
背中のラインがすっきりすると、全体的にバランスよくスマートに見えます。

そこで、背中をすっきりさせる筋トレダイエットを始めて見て下さい。

背中は、普段動かす事が少ない部分になりますので、
背中の筋トレダイエットを始めるにあたって、
まず背中の筋肉を意識して動かすのがポイントになります。

産後2ヶ月からでもできるのが筋トレダイエットですが、
何事も無理は禁物ですので、好きな音楽でも聴きながらリラックスして楽しむようにして下さいね。






産後の筋トレダイエット:産後5ヶ月頃のお腹やウエストのエクササイズ


産後5ヶ月目ぐらいになると、赤ちゃんを散歩させる時に、
ママもお洒落に気をつかうようになる時期ですよね。

その時、ゆるんでしまった体型を少しでもスッキリ見せようと、
きつい下着を選んだりしていないでしょうか?

きつい下着で締め付けていても、肝心の脂肪はなくなりませんよ(笑)

そこで、産後のボディラインをすっきりとシェイプアップさせるのに、
筋トレダイエットが必要になります。

産後一番気になるのが、お腹やウエストの部分になると思いますが、
その部分の筋肉を引締めて鍛える筋トレダイエットを実行しましょう。

まず、両腕にダンベルなどの重りになるものを持ちます。

なければ、水や砂を入れたペットボトルでもかまいません。
そして、両足を肩幅まで広げて立ったら、両腕を左右水平に伸ばします。

その状態で、ウエストをねじるような形で、左右にゆっくりと動かしてください。

このエクササイズのポイントは、
ウエストの筋肉を意識することと、呼吸を止めないことです。
タグ:産後 筋トレ






産後の筋トレダイエット:産後4ヶ月頃のお腹と二の腕のエクササイズ


産後4ヶ月ぐらいになると、なれない育児もやっと安定して、
自分の身の回りを段々気にするようになりますよね。

そこで最近、ちょっとウエストや二の腕の脂肪が気になったりしませんか?

ゆるんだ体を引き締めるのは、産後4ヶ月からですと衰えた筋肉を取り戻す
筋トレダイエットが一番おすすめなんです。

ただし、筋トレダイエットは、
毎日行うのが最も効果がでるポイントですので、頑張って続けてみましょう。

■ お腹と二の腕をシェイプアップする筋トレダイエット

まず、体を床につけ、仰向けの体勢で寝ます。
次に、両腕を左右に伸ばした状態のまま、上半身を起こしましょう。
これで、お腹の横の部分が引き締まるようになります。

最後に、上半身を起こしたら、次は両腕を開いたまま手のひらを上に向け、
二の腕の筋肉を意識しながら腕全体を前から後へと回転させます。

このエクササイズは、
二の腕をすっきりとシェイプアップさせる効果のある筋トレダイエットです。

こういった簡単なエクササイズを、毎日無理なく続けるようにしましょう。
タグ:産後 筋トレ






産後の筋トレダイエット:ウエストサイズを測ってみましょう


産後に自分の体型を改めて鏡で見て、思わずため息が出てしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、産後にいきなり筋トレダイエットなどを行うには、
なかなか腰が上がらないのが現状ではないでしょうか。

そこで、筋トレダイエットを行うきっかけ作りに、
ご自分のウエストサイズを測ってみましょう。

産後の体重が産前の頃に戻っていたとしても、
筋肉が衰えていたり、体脂肪が増えていたりして、
ウエストサイズは産前より大きくなっているはずです。

このリアルな数字が、筋トレダイエットを始めるきっかけになるのではないでしょうか?

しかし、こんなリアルな数字を見たからといって、急にハードな筋トレダイエットを行うのは、
産後のデリケートな体には負担が大きすぎます。

始めは、軽いストレッチや、簡単なエクササイズから始めるようにして、
体を徐々に慣らしてから筋トレダイエットを行うようにしましょう。
タグ:産後 筋トレ





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。